2007年08月11日

記事のもくじ

- 私が書いた子宮筋腫関連の各記事へリンクするのもくじを作りました -
子宮筋腫とは
子宮筋腫の診断がつくまで 〜直前まで気がつかなかったわたし〜
婦人科のある病院の選択肢
婦人科系の病気について私の読んだ本と、関連書籍のまとめ
セカンドオピニオン以降の迷い 〜最初の先生はいい先生だったのに〜
漢方薬服用で経過観察
急に筋腫が大きくなり手術を受けることに

腹腔鏡手術のメリットとデメリット、その他の術式について
子宮筋腫核摘出手術の費用
高額医療費現物支給とは
入院直前のあれこれ 〜内視鏡検査や自己血採血〜

入院時に用意するもの
手術の前日に入院
手術当日 <腹腔鏡下子宮筋腫核出術>
手術の翌日
術後2日目
術後3日目から6泊7日で退院まで 〜謎のテープ貼り〜
手術後の注意事項
退院10日後(術後15日)


ランキングに参加しています。よろしかったら応援のクリックをいただけると大変励みになりますぴかぴか(新しい)ブログランキング・にほんブログ村へ
←クリックによりポンイトが発生し、ランキングに反映されるしくみです。
  1日単位で集計されるので1日1クリックで充分です。
  別ウィンドウが開きブログ村にアクセスします。同じカテゴリのブログを探すのに便利ですヨ。


退院10日後(術後15日)

退院後2〜3日は微熱や腹痛が残っていて少し不安でしたが、徐々に少し動くと若干腹痛が起こるという程度から、10日後(手術後15日)あたりにはくしゃみや咳をしても響かなくなりました。
手術直後から一番痛むのは右下の傷でしたが、この時点でも重い感じは残っています。
腹腔鏡手術で開けた穴をたぐり寄せるように貼ってあったテープですが、

続きを読む

2007年08月08日

手術後の注意事項

退院時に渡された注意事項についてアップします。
私の場合は、退院後の次回の検診は約ひと月後の予定で、異常が婦人科外来に電話連絡するようにとの指示を受けました。また、腸閉塞にならないようにくれぐれも便秘しないようにと言われました。

日常生活について
  • 休養
    退院後は徐々に身体を動かして、疲労を感じたらすぐに休みましょう。しかし、あまり安静にしすぎても回復を遅らせてしまいます。身体を徐々に慣らしていきましょう。
  • 家事
    退院後は軽いものより始めて徐々に身体を慣らしていきましょう。
  • 入浴
    退院時に入浴指示がなければ、次回受診日までシャワーにしましょう。洗髪は疲れないように工夫を。
    傷はこすったり、かさぶたを無理に取らないように注意のこと。
    放射線治療を受けた方は、照射部位の皮膚が過敏になっていますのでこすらないようにしましょう。
  • 自転車・バイク・車の運転・パーマ・旅行・仕事
    退院後の検診時に医師の許可を得てからにしましょう。
  • 食事
    消耗した体力の回復のために栄養価の高いバランスのとれた食事をしましょう。
    便秘をしないように、便秘をしないように繊維の多い食品を摂りましょう。
  • 運動

    スポーツや遠出は次回の検診日まで避けましょう。体力の低下がありますので外出時は人ごみを避け、短時間の外出から始めましょう。
続きを読む

術後3日目から6泊7日で退院まで 〜謎のテープ貼り〜

術後3日目の朝から点滴ではなく内服で抗生剤を摂取します。それから採血食事は常食になって洗髪も可能になりました。今日も朝から微熱があります。ナプキンに少量の出血も。それからずっと血栓止めのストッキングをはいていたので、ヒザの裏側がかぶれてミミズ腫れになってとてもカユかったのですが、看護婦さんに言ってみたらなんと歩行出来た時点で脱いでよかったそうなんです。まったくかぶれ損というものです。
だけど今回の入院ではとても行き届いた対応をしてもらって全般的にはとても感謝しています。

術後4日目には日程表によると下半身はシャワー可能続きを読む

術後2日目

お腹に開けた4箇所の穴ですが、どうやら縫っているわけではないようです。傷が塞がるようにテープ貼りしてあって、術後1回も交換も消毒されていません。抜糸やガーゼ交換がなくて痛くないのはいいのですが拍子抜けというか、不安というか・・・
あちこちが痛みますが痛みのMAXは生理痛程度のもので、それがクリスマスツリーのライトのようにランダムに点滅している感じです。じっと横になっている時はあまり痛まないので痛み止めは使っていません。トイレや給湯室などにマメに出入りして歩行で腸を動かすように努めました。

手術の翌日から歩行開始→尿管カテーテル取り外し→夕方には左わき腹のドレーン管の取り外しと順調にきたので、残るのは抗生剤の点滴1回で自由の身ということになりました。実は昨日点滴2本と抗生剤の点滴が終わった時に、続きを読む

手術の翌日

入院した日に渡されていた日程表の通りなのですが、本当に手術の翌日には歩かされるんですねぇ!昨日から相変わらず左手に点滴と、尿管カテーテル。左わき腹にもドレーン管が1本ささったままだったりもするんですが、うまくトイレまで歩けたら尿の管は外してもらえるということなので、ベット電動で起こしてあちこちつかまりながら起き上がりました。首からお坊さんの托鉢の袋みたいなのを下げて、そこにドレーン管のパックを入れてトイレまで移動するのです。
腹筋が痛みながらも起き上がってしまえば、老人みたいにヨボヨボしながらゾンビのようにゆっくりとながらも歩くことは簡単でした。こうして歩くことによって腸を動かしてやらないと腸閉塞のリスクがあるそうなんです。

体温はずっと37度ぐらいだったのですが、
続きを読む

手術当日 <腹腔鏡下子宮筋腫核出術>

手術は9:00開始でした。家族は8:00には来るように言われていて、そのまま13:00の終了予定時刻まで控え室で待つことになります。

手術室に入ると麻酔医の先生が待っていました。口から吸い込む全身麻酔は10秒ほどで効いて手術中の記憶が無くなるそうです。ノドに入れられる窒息防止の管も麻酔が効いてから入れられるので怖いものナシなわけですね。ただ、後でノドがいがらっぽくなるそうです。
酸素マスクをあてがわれてしばらくすると、続きを読む

手術の前日に入院

手術の前日に朝9:00に入院して、担当看護師さんから説明を受けたり入院のしおりをもらったり、あらかじめ家族と説明を受けた日に渡されていた書類に署名捺印をして提出しました。

ひとつは説明同意書輸血同意書、特定生物由来製品の使用同意書

それから麻酔科医の診察(問診と説明)を受けて麻酔説明同意書にサインしました。

夕方頃からお昼一番に飲んがだ
下剤ジワジワと効き始めます・・・その前に空き時間があったのでかねてからの指示通りにT字帯を院内の医療売店で購入しました。
続きを読む

入院時に用意するもの

記憶が鮮明なうちに手術の事を書きたいのに、書き始めてみると説明しなくてはと思いつくことがたくさんあってなかなか前に進みませんね。昨日は長い間パソコンの前に座っていたら下腹がズキズキしてたので中断してました。まだ退院ホヤホヤで自宅療養中の身なのであります。
さて、今回は入院時に用意するもの・あると便利なものについてまとめます(腹腔鏡手術の場合)
  1. 入院手続きなど
    ・印鑑
    ・健康保険証
    ・診察券
    ・入院誓約書・保証書など、あらかじめ渡されていた提出書類
    高額医療費「限度額適用認定証」 (医療費の全額を自己負担で立替えておかなくてもよくなる)

  2. 婦人科セット
    T字帯1枚 (病院の指示で入院してから医療売店で購入しました)
    血栓を防ぐストッキング1枚 (病院から支給されました)
    ・ナプキン大5枚程度 (手術した日)
    ・ナプキン (5日分)
続きを読む

2007年08月07日

子宮筋腫核摘出手術の費用

腹腔鏡手術による子宮筋腫核摘出手術の費用について、非常に大雑把で恐縮ですがまとめてみます。
私の場合は先生に全部込みで25万〜30万の見込みと言われていました。これは手術・入院の費用だでけでなく、以下の入院までにかかる費用も含め、
  • 前の月経を止めるホルモン注射が 12,000円弱 ×6回
  • 内視鏡検査 8,000円弱
  • MRI      8,000円弱
  • 自己血採血  2,000円弱
    ※これはおおまかな費用。その他細々とかかっている。
これに1食260円の食事代、個室であれば室料も加わってのどんぶり勘定の金額です。
高額医療費現物支給の適用を受けていたので、退院時に請求されたのは83,525円+食事代3,900円で、全体の金額は記入されていなかったのですが、点数が60951点となっていたので182,700円ぐらいだったということでしょうか?すると先生のおっしゃるとおり全部込みで約28万円ぐらいだったということですね。

ちなみに入院日数は6泊7日。
生命保険の計算では7日間として計算してくれました。診断(証明)書については、私は入院期間の記入された領収書のコピーを提出すればOKでしたが、発行してもらう場合は、続きを読む

高額医療費現物支給とは

平成19年4月から実施された「高額療養費の現物給付化」
今までの高額療養費制度では、限度額を超えて支払った費用は後日支給される形となるので、患者は窓口で全額を自己負担しなくてはなりませんでした。
ですが、社会保険事務所や市町村窓口などで取得した「限度額適用認定証」を事前に医療機関へ提出しておけば、自己負担限度額を超えた請求は直接保険者のところへ行くので立て替えなくて済むのです。原則として支払い前に医療機関に提出するのが条件で、認定証がないと、これまで通り医療費の3割分を一度支払わなければなりません。
いずれの場合でもポイントなのが、同じ金額かかったとしてもそれが2ヶ月にまたがってしまうと、それぞれの月ごとの限度額という計算になってしまうというところです。つまり、なるべくひと月の中にすべてが収まるように調整した方が断然おトクなのです。

厚生労働省のモデルケースによると、胃がんの手術で10日間入院し医療費が100万円かかった場合、続きを読む

入院直前のあれこれ 〜内視鏡検査や自己血採血〜

直前の準備としては、
・子宮内視鏡検査
・家族説明

 
説明資料をもらう。各種同意書書類をもらう(入院時に署名捺印して提出)
 
自己血の採血(輸血が必要になった時に使う。私の場合400mlでした)
 あらかじめ鉄剤を処方されて服用しています。
・市役所にて高額医療費現物支給の手続き



あらかじめ半年間、
6回の月経を止めるホルモン注射(スプレキュアとかリュープリン注射という)を受けて少しでも筋腫を小さくし、出血量を抑えます。
この注射はよく身体にもお財布にもイタイと言われますが、
続きを読む

2007年07月29日

腹腔鏡手術のメリットとデメリット、その他の術式について

腹腔鏡手術のメリット
  • 大きく切り開かないので臓器の癒着リスクが少ない
  • 身体への負担が少なく術後の痛みが少ない
  • 入院日数が少なく社会復帰が早い
  • 傷が小さいので美容面でうれしい

腹腔鏡手術のデメリット
  • 執刀医の熟練が必要
  • 視野が狭く死角が生じる
  • 開腹手術にはない技術による

開腹手術が向いている場合
  • 筋腫の数が多い場合
  • 腹腔鏡手術をするには筋腫の大きさが大きい場合

 また、腹腔鏡手術を行っていても以下の場合には開腹手術に切り替えられます。
  • 体内の癒着が激しい場合
  • 腹腔鏡手術中に大量出血があった場合

他にも膣から行う子宮鏡下手術(TCR)があって腹腔鏡手術よりも入院期間がさらに短く、お腹に傷が残らないのがメリットですが、出来た場所によって受けられるかどうか分かれます。また筋腫の大きさやによっては2回に分けて手術が行われます。保険適用があります。

また、妊娠を希望しない場合なら切開ということをせず子宮も筋腫も取らない非観血的手術として、子宮動脈塞栓術(UAE)集束超音波(FUS)があります。続きを読む

急に筋腫が大きくなり手術を受けることに

半年間のホルモン注射で筋腫をひと回り縮小させてからの漢方薬の服用での経過観察は、最初は経過が良かったのですが、約1年半後から2年半の1年間に急激に筋腫が大きくなってしまいました。月経前には仰向けに寝ている状態でお腹に乗せるだけではっきり筋腫の存在がわかるぐらい。
月経時の辛さというより圧迫感がしんどかったです。大きさについては13cmと診断する先生もいました(前にも書きましたが同じ画像を見ても見る人によっておっしゃる数値にバラつきがあるのです)。ちょうど
仕事面での負担が増えてこれまで以上に不規則になった1年でしたが、人によってはホルモン注射の後にぷくーっと膨れてくる人もいるらしく、はっきりした原因は特定できません。

その時のMRI画像は手元に無いのですが、続きを読む

2007年07月28日

漢方薬服用で経過観察

大病院の先生2人に正反対の診断を下され困っていた私が第3者として再度セカンド・オピニオンを受けることになったのは大学病院の漢方専門の先生でした。
私に漢方という選択肢のヒントをくれたのは勤め先の医務室の先生です。その先生が漢方のことなら
デアゴスティーニ・ジャパンの「週刊 漢方LIFE」が判りやすいと教えてくれていたので、あらかじめ漢方についても予習することに。漢方の書籍のように難しくなくて、ピンポイントに知りたいことについては雑誌のムック本より詳しいので判りやすさと情報量のバランスが良かったと思います。
  
1冊560円で70冊あるシリーズですが、バラ売りされていたので私が買ったのは上の写真の23号と32号を含む4冊です。末尾にバックナンバーの中から月経の不調に関係していそうな号をピックアップしておきますね。


漢方医のいる医療機関については自分でツムラのホームページ内の<漢方のお医者さん探し>で探して、最初の先生に頼んで紹介状を書いてもらいました。

初診を受ける時には、総合病院と大学病院の診断の相違点と、日頃の体調について表にまとめて持っていきました。先生は舌診腹部の診察を丁寧にしてくれてをみたて、お血水毒の指摘をしてくれました。これは婦人科的不調がある女性にはよくあることのようです。東洋医学的な問診に血液検査というデータを加えて判断してくれたところでは、
続きを読む

セカンドオピニオン以降の迷い 〜最初の先生はいい先生だったのに〜

最初に受診した総合病院の先生はいかにも人格者といった感じの先生で、実績もある有名な先生だったようで私は信頼していました。
その病院では
腹腔鏡手術は扱っていなかったのですが、体力の回復が早く臓器の癒着リスクが少ない腹腔鏡手術(キズも目立たない)と、手術そのものの安全性が優る開腹手術どちらにもリスクはあるということなのでさしてこだわりはありませんでした。
それなのに、4つめの病院で落着くことになるとは自分でも意外な展開だったのですが、
雑誌などで婦人科は先生によって言う事が違うと読んだことがあったので、念のためにこっそり個人経営の産婦人科病院でアドバイスをもらいました。そこでほぼ同じ診断だったので安心して最初の総合病院で手術を前提に半年間月経を止める治療を受けることにしました。

半年間月経を止めるホルモン注射を受けて、正式にセカンドオピニオンを受けるという時に、先生が
腹腔鏡手術設備のある大きな大学病院を紹介してくれました。かなり遠くの病院なので手術を受けた後の経過観察は最初の先生にお願いしたぐらいです。
ところが、そこで
子宮内膜症という病名を出され正反対の事を言われ迷いに迷うことになります。
診断について比較すると、ざっとこんな感じです。

続きを読む

婦人科のある病院の選択肢

婦人科のある病院については、総合病院・大学病院、個人経営の産婦人科医院の他に、婦人病に特化したレディースクリニックがあります。

私が最初に受診した大きな総合病院では待合室で妊婦さんに混じって並びました。
最終的にお世話になった大学病院では婦人科と産科が分かれていので、妊婦さんの待合とは離れていて年配の女性もいました。ただし、大学病院では担当医の他に若い先生方に観られる可能性もありますよね。

レディースクリニックは、診察を受けやすい雰囲気づくりに力を入れていて、気になっているという程度の症状でもじっくり話を聞いてくれるので、不調なのに病院に行かずに悩んでいる若い女性にはおすすめじゃないでしょうか。
私の場合は病気の発覚が内科だったのでそこの先生が紹介してくれた病院へ行きましたが、白紙の状態で最初に行くとするならレディースクリニックに行ってたと思います。

ただ、セカンド・オピニオンとして友人があるレディースクリニックをすすめてくれた時は、続きを読む

子宮筋腫の診断がつくまで 〜直前まで気がつかなかったわたし〜

私の子宮筋腫が発見されたのは、なんと膀胱炎を疑って内科受診した時でした。内科の先生にお腹を押されて「しこりがあるね。おそらく子宮筋腫でしょう」と言われるまで直径8cmのまん丸な筋腫にまるで気づいていなかった私なのです。
それまで不正出血があったり、月経前になると身体の中がひと回り太くなったような圧迫感があったのですが、
私は20台の前半まで生理痛はほとんどなくて、生理不順どころか遅れたことなど数えるほどしかない。どちらかと言えば早くきたり、2度きたり。その不正出血は、例えば転職したての時などの環境の変化とリンクしていたので、あまり病的なものと思っていませんでした。

何年か前に脇の下が腫れぼったく痛い感じが気になることがあって、ちょうど通っていた整骨院の先生に言ってみたら、日頃の私の体調も考え合わせて「一度ホルモンバランスを調べてみた方がいいよ」とアドバイスしてくれたんです。そこで婦人科を受診してみたら軽度の乳腺症はあったのですが、特に治療は必要なくホルモンバランスの血液検査も異常なしだったのです。

子宮筋腫や子宮内膜症の自己診断として血の塊が出るかどうか?という事がありますが、順調そのものの頃から2日目には見かけることもあったので、もっと頻繁に大量に出ることを言うのだろうとたいして気にしていませんでした。
歳とともに月経時は辛くなってきて、2日目の出血量は大量でしたがその分早く終わるので歳をとればこんなものかなぁと。続きを読む

婦人科系の病気について私の読んだ本と、関連書籍のまとめ

私がまず最初に読んだのは雑誌オレンジページのムック本です。イラスト入りで女性の体調変化や婦人科の病気全般について易しく解説している本ですが、広く浅くの1冊という感じでした。
女性のBODYブック―婦人科のことがよくわかる! (オレンジページムック)女性のBODYブック―婦人科のことがよくわかる! (オレンジページムック)

女性のBODYブック (2) 変わり目世代の心と体のクリニック (オレンジページムック) 元気がでるからだの本 2006秋 (オレンジページムック) 元気がでるからだの本 (2006春)

by G-Tools
子宮筋腫ってなに?という方におすすめなのは―
名医の図解 Q&Aでわかる子宮筋腫安心読本 (名医の図解-Home Doctor-)
名医の図解 Q&Aでわかる子宮筋腫安心読本 (名医の図解-Home Doctor-)武内 裕之
主婦と生活社 2006-10
売り上げランキング : 111439
おすすめ平均 star
star完璧な1冊!
starわかりやすい
starオススメです
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
漢方の基礎知識について判りやすさと情報量のバランスがいいと思ったのは、デアゴスティーニ・ジャパンの「週刊 漢方LIFE」でした。バックナンバーの詳細は「経過観察の3年間 〜漢方薬治療について〜」の回にピックアップしています。
  
続きを読む

子宮筋腫とは

子宮筋腫はほとんどの場合は良性のものなので、考える時間のある病気です。セカンド・オピニオンは是非とも受けることをオススメします。お医者さんも快く紹介状を書いてくれるので大丈夫です。
雑誌などでよく言われますが、私の場合も本当に先生によっておっしゃることが違うので驚かされました。それに病院選びから術式の選択まで選択肢がたくさんあるので多くの情報を知っておいて損はないと思います。女性雑誌、患者団体の書籍、婦人科医の書籍、ピル、漢方・・・それぞれにトーンが違うので偏りのないように情報を得て、最良の選択をしてくださいね。

また、患者の方でもたいへん個人差が激しい病気なので一概には言えない事がたくさんあります。大きさと症状の重さは比例していませんし、出来た場所によって判断が違ってきます。私は手術前には10cm以上の筋腫になっていましたが、貧血もあまりなく症状も軽いほうだと言われました。一方で数ミリの筋腫でも手術した方がいいと思われるほど症状が重い方もいるそうです。

私のように大きい筋腫がポコンと1個出来る場合や、小さい筋腫が多発するケース、出来た場所が判っていても、これから大きくなっていく速度は予測もつかないですし、もし切除したとしても症状の軽減ぐあいや再発率は人によって違っていて、お医者さんでも切ってみないと判らないものだそうです。

医学的な説明については簡潔にまとめる自信がないので書籍の紹介で代えさせてください。「婦人科系の病気について私の読んだ本と、関連書籍のまとめ」に紹介しています。

いずれにしても慢性の病気なので診断が下ると生命保険加入や見直しは不可であったり制限がつきます。乱暴な表現ですが、子宮を全摘出して初めて完治という扱いで、しかも術後数年経つまでは条件が厳しいままです。

病院の選択肢は総合病院・大学病院、個人経営の産婦人科医院の他に、婦人病に特化したレディースクリニックがあります。病院については「婦人科のある病院の選択肢」という記事を書きました。

手術についての選択肢は、続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。