2007年09月29日

ある意味完璧な、微笑ましい生活「間宮兄弟」、ダメ男ぶりに愛を感じる「ハイ・フィデリティ」

唐突ですが、日産マーチのCMの「しあわせマチ子さん」編がどうも苦手です。
「彼女がシアワセな時――小銭ぴったりで買物できたとき、顔を見つけたとき、ゾロ目のとき、レモン味を一発で取れたとき、青・青・青のとき、しましマーチ見つけたとき、近道してお気に入りの場所へ向かうとき」・・・

確かに私だって、いつも混んでいて1〜2回見送ることになるエレベーターに、すんなり乗り込めた時、それも混んでいない時はほくそ笑んでいます。そんな些細な事でもハッピーになれるのはいいことのハズ。
とはいえ、さも満足そうな風に羅列してCMを流されると、なんだか日常のシアワセのちっぽけさ加減を見せられるみたいな気分になってしまうのは私だけでしょうか。思うに、人に反感を持たれなさそうな些細なシアワセを並べるとツマラナいものなのかもしれません。

さて、ズレすぎて変人の域に達しそうな主人公達なのに癒しと幸福感がある映画「間宮兄弟」は、隅々まで計算されたさじ加減がを感じてなかなか良かったです。
それぞれ立派な社会人だけど、仕事以外はほとんど行動を共にしている間宮兄弟。例え恋愛オンチでも、2人は人が望んでなかなか手に入らない関係を持っています。<奥ゆかしい>兄弟の、ある意味完璧な、微笑ましい生活が描かれています。
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
佐々木蔵之介 塚地武雅 常盤貴子
角川エンタテインメント 2006-10-20
売り上げランキング : 11029
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ある時、職場での離婚話やら不倫やらを傍観する立場の兄(佐々木蔵之介)「僕もややこしい男女関係したい〜」みたいなセリフを言うんですが、お互いに反発したり、能動的に選択し合って共に居るわけでもない彼等を観ていると、そもそも自らややこしさを放棄してるのでは?って気もしないでもありませんが、とにかくほっこり気分で楽しく観れました。

気の合った家族(仲間)がいること。仕事は卒なくこなし、自分の分をわきまえ奥ゆかしい人である。余計なエネルギーは趣味や遊びに全力投入・・・そういう人物像は目標としてけっこう憧れるものがあります。

でも現実には気の合う人なんてそうそう居ないですし、あえて馴染みたくない場合も多々あるものですよね。例えネガティブな選択でも、選択の積み重ねこそ自分や他人の<らしさ>だと思ったりします。

ハイ・フィデリティ 特別版
ハイ・フィデリティ 特別版
そこで、音楽をこよなく愛するややこしさ全開の愛すべきダメ男の映画、「ハイ・フィデリティ」を思い出すのですが、笑いどころ満載、音楽ネタ充実のオススメ映画です。
中古レコード・ショップのオーナーである30代の独身男のロブは、音楽へのこだわりがあまりに強すぎるためか店はパッとしないし、ある日同棲中の彼女:ローラが家を飛び出して・・・という同名のエッセイが原作の映画です。

「悲しいからポップ・ミュージックを聴くのか
、ポップ・ミュージックを聴くから悲しいのか…」と、冒頭からハートを鷲づかみにしてくれます。
すぐに「〜のベスト5」という発想の彼なんですが、
恋愛ワースト5を元になんと過去に付き合った女性達を訪ね歩くという行動に出るのです・・・モノへの愛と人への愛、そして選ぶということと選択に拘り続けた人のいい意味での妥協というものを感じました。
ハイ・フィデリティ (新潮文庫)ゼイタクを言えば、原作が面白過ぎたためか映画版は毒っけが足りないところがやや物足りなく感じましたけど、恋敵となる2階の住人が的確にビジュアル化されててウケました。そして中古レコード屋の二人の従業員!この二人がツボの方は、是非原作を読んでみてください、二人の魅力が充実していますよ!
原作には「彼女のためにテープを編集したこと、ありますか?彼氏からテープを贈られたこと、ありますか?この本はそんな貴男と貴女のための小説です」と書き添えられています。
英国の原作なので映画版とは違った選曲も楽しめます。

この記事は参考になりましたか?
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←よろしかったら1日1クリックの応援をいただけると励みになりますぴかぴか(新しい)
  (ランキングに反映されます)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。